息子がどんどん親離れしていくのが寂しい毎日

先週8歳になったばかりの一人息子、最近では誰に似たのかとても生意気な事を言うようになり、語彙も増え、口答えもするようになってきました。その都度本気で怒ってしまう私に、夫はまだまだ子供だよ、可愛いもんだよと言いますが、とにかくカチンと来るような事を言うのでイライラさせられっぱなしです。これが息子の成長過程なんだと頭ではわかっていても、幼稚園の頃の可愛かった時代をすぐに思い出してしまいます。小さい頃は、早く歩けるように、早く自分で着替えられるように、早く字が読めるように、と願っていたはずなのに、ほとんどの事を自分で出来るようになっていく息子を見ると、何となく寂しく感じてしまうのは、きっとどの母親でも感じる事なのかも知れません。どうしてもうまく結べなかったサッカーシューズの紐を、誕生日の前日に「できた!見て!」と誇らしげに持ってきた時には、大げさに褒める夫の横でちょっと涙ぐんでしまった私です。息子は泣くほど嬉しいの?と言っていましたが、本当は寂しかったんですよね。この先どんどん手を離れていくと思うと、やっぱり寂しく感じてしまいます。ミュゼ web 最安値