近畿地方の地震、突然襲ってくる恐怖と対応。

新たな一週間の始まりである月曜日の朝。
いつも通り、一通りの家事をこなして、生後5ヶ月間近の娘も起きてきて
機嫌よく一人遊びしている様子を見守りながら、何気なく書類の整理をしていたそのとき。
我が家は朝7:30頃から、いないいないばあが終わる8:40まではEテレを流しているのだが、
みいつけた、で曲が流れているとき、なにやら曲に合わない警告音が鳴り始めた。
「こんな音、曲になかったよなあ…」と、画面に目をやると「緊急地震速報」の文字。
地震?えっ・・・娘!娘!娘!!!!!!
もう、脳内パニックになりながらも、とにかく娘を守らないと、とそれしか考えられず、
慌てて娘を抱きかかえダイニングテーブルの下へ入った途端、
あまりにもパニックで体感では全然揺れを感じなかったものの、
雨戸が、ガタガタガタ・・・と音を立てはじめて、本当に地震なんだと確信しました。
あんまりにも突然で、旦那は既に出社した後。
娘と2人、これから本震が起こったときにどうしよう、と不安でいっぱい。
しかしまずは身の安全をと、とっさに対応できたのはよかったのかもしれない。即日 5万融資