コロナのことやお天道様そよ風などについて勉強した

コロナなどについて授業しました。コロナは極希薄な大気ですが、コロナグラフという特別な装具やX線で計測されます。コロナの気温は約200万Kで、彩カテゴリーや灯球にくらべてはるかに熱量だ。このため、コロナの中では水素やヘリウムの原子がお日様コアと同様にイオンと電子に電離していて、これらの粒子がテンポされ宇宙余白に流れ出していらっしゃる。こんな粒子の流れをお日様風の音といいます。お日様風の音は、地球の磁気圏(地球磁場の波紋地域)に大きな影響を与えていらっしゃる。お日様風の音は荷電粒子の流れで、そのスピードは300〜900km/sに達していらっしゃる。お日様表層を計測すると、黒点や大気の沸騰ことなどお日様のめざましい実行がわかります。お日様の実行が盛んになると、地球にも各種波紋が現れます。灯球に顕れる黒点は、まわりの灯球にくらべて約1500〜2000Kほど気温が少なく、そのため黒く見えていらっしゃる。このことを勉強して、知らないことを知れて良かったなと思いました。http://www.c-mug.org/